誰のための終活・自分のための終活 さいたま市南区で生前整理のご依頼

こんにちは!遺品整理のかえでです。

先日はさいたま市南区のお客様からお部屋の片付けと不用品の回収をご依頼いただきました。

ご依頼主は入居者の息子さんで、高齢のご両親の生前整理を兼ねて、弊社に片付けをご依頼くださったとのことでした。

近頃では弊社でもこのような「終活」を意識したご依頼が増えています。

終活ってやらなきゃ駄目なの?

元々は造語だった「終活」という言葉もすっかり定着しました。

終活という言葉を耳にする機会が増えたことで、人生の終わりについて意識するようになった方もいるのではないでしょうか。

ある程度の年齢を重ねたらやって当然のマナーのような扱いになりつつある終活ですが、その実態と皆さんの本音について示しつつ、遺品整理業者として多くの終活のお手伝いをしてきた経験から終活についてお話ししたいと思います。

終活を考え始めた方にはぜひお読みいただきたいと思います。

なぜ終活をするのか

終活をしようと思う理由にはどんなものがあるのでしょうか。

理由の1位は「家族に迷惑をかけたくないから」が89%

デジタル終活知っている?希望するお墓のカタチは?
20~70代にきく終活に関する意識調査
マクロミル調べ(複数回答可)

https://honote.macromill.com/report/20181101/

 

アンケートでは家族に迷惑をかけたくないからという理由が圧倒的で1位に。

次いで2位の寝たきりになった場合に備えるためが48%。

自分の終わり方は自分で決めたいからが35%で3位となっています。

4位以降の理由からも、後始末で他人の手を煩わせたくない、自分の最期は自分が決めるべきであるという自立した考えの人が多いことがうかがえます。

弊社に生前整理をご依頼いただいた方々も、自分で意思決定できるうちに片付けをしておきたいという方が非常に多く、中には50代で終活を行っている方もいらっしゃいました。

終活でやっていること

終活では実際にどのようなことを行っているのでしょうか。

以下は一般的な終活内容です。

1.持ち物整理
 断捨離
 財産の把握
 個人情報をまとめる(デジタルサービスのIDやパスワードなども)

2.思い出の整理
 日記
 アルバム・映像記録
 デジタル終活

3.意思を伝える
 家族や友人へメッセージを残す
 遺言書
 エンディングノート

4.葬儀とお墓の手続き
 生前契約できるサービスも

事務的な手続きの他、気持ちを伝えるエンディングノートも主流になってきています。

跡を濁さず終わりを迎えたいという反面、自分の意志や気持ちを遺したいという思いも見て取れます。

終活の本質は“心”辺整理

「なぜ終活をするのか?」の問いでは様々な理由があがっていましたが、突き詰めればそれらは全て「自分の心残りがないように」ということではないでしょうか。

自分が亡くなった後のことを考えてモヤモヤしたくないので、今できることをやって解決しておこうというわけです。

終活を行っているとどうしても自分の死のことを考えてしまいますから、気持ちが沈んでしまうこともあるでしょう。

そんなときは一度立ち止まり、終活とは自分が心穏やかになるための活動であるということを思い出してください。

終活の本質は心を整理して心配事から身軽になることであり、ひいては今の人生をより良く生きることにもつながるのです。

断捨離による思い出ロスにならないために

終活の中でも大変な作業のうちの一つが持ち物の整理です。

人によっては物を捨てると心に大きな負担がかかり体調を崩してしまうこともありますし、それが大切な思い出の品となればなおのことです。

ですから、生前整理を得体の知れないに業者に預けないでいただきたいのです。

業者選びで差が出るのは買取価格だけではありません。
あなたの思い出の品がそんざいな扱いを受ける様を目の当たりにして悲しい思いをすることがないように、安心できるしっかりとした身元の業者を選んでいただきたいのです。

弊社には遺品整理士の資格を持つ熟練スタッフが在籍しております。
お客様の大切な思い出の品を一絡げに回収するようなことは決していたしません。
一品一品丁寧にお取り扱いし、査定の上、適正な価格でお引き取りいたします。

遺品整理のかえで電話番号

できること、やっておきたいことから自分のペースで

終活に関するご相談では、何から始めたらいいのかわからないという声もよく耳にします。

終活は人生の終わりについて考えてみることから始まります。
何をすべきなのか悩んでいるなら既に終活の入り口に立っている状態と言えるでしょう。

後は自分ができること、やりやすいことから手を付けていけばよいのです。
決まった順序はありませんから、ハードルが高く感じるものは後回しで構いません。

実際に行動に移してみて初めてわかることもあるでしょう。
例えば、持ち物の選別には思いの外時間がかかるものです。

物にまつわる思い出を振り返り、手放すために心を整理する時間が必要なこともあるでしょう。
そういった時間と過程は大変意味のあることだと思います。
だからこそ、終活に取り掛かるのに早すぎることはないのです。

お心に寄り添ったサービスで遺品整理のかえでがお手伝いします

終活でお悩みでしたら遺品整理のかえでへご相談ください。
遺品整理士の有資格者がお客様の終活をお手伝いいたします。

お見積りは無料です。
皆様からのお問い合わせお待ちしております。

名称遺品整理のかえで
URLhttps://i-kaede.com
所在地さいたま市南区南浦和2-28-13
電話048-400-2724
営業時間 8:30-17:30 (水曜定休日)
遺品整理のかえで電話番号
■ご希望のサービス(※複数選択可)

※ファイルサイズは2MB、ファイル形式は「png」と「jpg」に対応しています。