設定温度を下げる前に!エアコンを上手に使って夏を涼しく!さいたま市中央区で出張買取

こんにちは!遺品整理のかえでです。
今回はさいたま市中央区のお宅へエアコンの出張買取にうかがい、6畳用エアコン2台を買取いたしました。

遺品整理のかえでではエアコンの買取強化中です!
エアコンの買い替えや取付工事もぜひご相談ください。

遺品整理のかえで電話番号
なんでもお気軽にお尋ねください!

上手にエアコンを使うためのポイント

日に日に気温が上がり、夏ももうすぐそこといったところですね。
我が家ではエアコンの試運転も済ませ、夏の準備は万全です。

ひと昔前でしたら、夏は暑くて当たり前だなんて頑固な主張も見かけましたが、最近の気候ではエアコンなしの生活は考えられませんよね。
今年の夏もエアコンにはお世話になり通しになると思います。

さてそんなエアコンですが、使い方次第でぐっと冷却効果が高まることをご存じでしょうか。

今回は、エアコンを効果的に使って熱い夏を涼しく過ごすための工夫をご紹介します。

エアコンフィルターの掃除

エアコンが十分な効き目を発揮するにはフィルターのこまめな掃除が大切です。

ところで、エアコンの涼しい風はどこから来るかご存じですか?
実は冷房モードでエアコンを使っても、室内と室外で空気が入れ替わることはありません。

エアコンが稼働すると、まず室内の空気を取り込み、内部で熱交換によって冷やした後、吹き出し口から送り出します。
これを繰り返すことによって室温が下がるのです。

したがって効率良く冷やすためには、空気が室内とエアコン内を滞りなく循環することが重要となります。

エアコンのフィルターは空気の取り込み口のところに設置されていて、エアコン内部に塵や埃が入るのを防ぐ役割があります。

このフィルターが汚れて目詰まりすると空気を取り込みにくくなりますから、エアコンに負担がかかってしまいます。

さらには効きが悪くなるだけでなく、

・電気代がかさむ
・汚れに菌が繁殖しやすくなる

といったデメリットもありますので、こまめに掃除して清潔な状態を保ちましょう。

エアコンフィルターの掃除はひと月に1回、頻繁に使用する季節は週に1回が理想的と言われています。

日光と熱を遮る

フィルターを綺麗にしてエアコンの性能を引き出したら、次は断熱を意識してみましょう。

エアコンを使用するときは部屋を閉め切って空気を閉じ込めますが、窓や壁など外気と接したところから熱は伝わってしまいます。

特に熱が伝わりやすいのが窓です。

断熱には窓に断熱フィルムを貼るなどの方法もありますが、カーテンやブラインドを引くだけでも効果があります。

カーテンが隔たりとなって、室外の光と熱を通さず、また室内の冷気が逃げるのを防ぐことができます。

断熱目的なら生地の密度が高いカーテンがおすすめです。
布の目が詰まっているほど空気を通しにくくなるので、より高い断熱効果が期待できます。

夏の定番であるレースカーテンは見た目は涼やかですが、布の目が粗いため、遮熱加工されているものを選ぶとよいでしょう。

また、カーテンを設置する場所にも一工夫することができます。
断熱設備は室内よりも室外に設置する方がより効果的です。

これは、時間とともにカーテンやブラインドそのものの温度が上がり、熱を発するようになるためです。

緑のカーテンやすだれなどを窓の外に設置することで、熱が伝わるのを部屋の手前で遮ることができます。

 

お部屋の物を減らす

風の通り道を確保してあげることで、エアコンからの送風が行き渡り、部屋全体を効率的に冷やすことができるようになります。

そのためには、家具の適切な配置と適度な隙間が必要です。

また、お部屋に空間を設けることは体感温度にも関係します。

人は体に風が当たると涼しいと感じ、体感温度も下がります。
同じ室内にいても、エアコンの風が直接当たる席だとより涼しく感じる現象と同じですね。

また、不要な物で溢れたお部屋は圧迫感があり、暑苦しい印象を受けてしまいます。

不用品をすっきりさせて、見た目も涼やかなお部屋で来たる夏へ備えたいものですね。

お住まいの片付けもお任せください

エアコンの取付工事や清掃、お部屋のお片付けまで。
お住まいに関することならなんでもご相談ください。

お問い合わせお待ちしております。

名称遺品整理のかえで
URLhttps://i-kaede.com
所在地さいたま市南区南浦和2-28-13
電話048-400-2724
営業時間 8:30-17:30 (水曜定休日)
遺品整理のかえで対応地域は東京埼玉など関東エリア
遺品整理のかえでは東京・埼玉・千葉・神奈川・群馬・栃木・茨城の関東エリアに対応!
■ご希望のサービス(※複数選択可)

※ファイルサイズは2MB、ファイル形式は「png」と「jpg」に対応しています。